とある秋の昼下がりの事であった。
「大変だ!」
そう、ザトーONEが叫んだ。
「なんですか、騒がしい」
そう言って振り向いたのはザトーTWO
「どうしたの?」「…ぎゃー」
振り向きボタンを間違えて、ダストを暴発させたのはザトーTHREE、暴発したダストに当たったのがザトーFOUR
「…デキタ、白鳥」
騒ぎも気にせず、黙々と影絵遊びをしているのが、ザトーFIVE

ザトーONE「とうとう新作が稼動した。新技も増えた。虹も出た。カツ丼も食った。そして、カラーが変わったようなので、我々も服(色)を変えるぞ」

一同拍手

ザトーONE「Pカラーは変わらない、Kカラーから始めよう」
ONE「Kカラーは少し青っぽくなった。爽やかになったな」
よかった。あまり変化はないようだ、とKカラーだったザトーTWOが言った
ONE「Sカラー、メロン風味」
わかりにくい説明ありがとう、また緑系なわけだな。SカラーのザトーTHREEが言った。
ONE「次、HSカラー、より黄色くなった」
いつもながら不気味なカラーだ…と、ようやく落ちてきたザトーFOURが言った。
ONE「Dカラー…おぉ、随時と雰囲気が変わったな」
ザトーFIVE「ドンナ色ナンダ?」
これだ、と言って見せられたカラーは、なんと肌が灰色で、エディも服も、どピンクのカラーだった
ONE「…林家カラーと呼ぼうか…」
FIVE「ウワァァン;;」
ONE「…という事で、キミはお色気担当という事で!」
FIVE「ナンデダァァ!」
ザトーONEはにこやかに、戦隊モノといえば当然だろう、と言った。
FIVE「ソレハジェンダートカ言ウヤツシャナイノカァァァ!」
ほら、カラーって使ってるうちに愛着がわくものだよ。
そう言ったのはザトーTWO(爽やかカラー)
人気が出るかもしれないじゃないか
…とザトーTHREE
FIVE「俺ダッテ、リーダーッポイ赤ガイイ!」
FIVEはゼクス時代の黒髪・赤服カラーを懐かしく思った。
まぁまぁ、開発者の方々が頑張ってくれたんだから、とザトーFOURが言った。

悔しがって、彼は叫んだ。
FIVE「…俺ハスロースターターナンダヨ!!!」

終わり

ジェンダー→『性別的役割分業』らしい。
彼はそう言っていましたが、コレもジェンダーなのでしょうかね?
『小さい子たちが戦隊モノごっこをする時にいつもピンク役を押し付けられる男の子』はどんな気持ちなんだろう。
…それにしてもDカラーって…使う人居るのかなー
私の使用カラーのHSは見事に黄色くなりましたがね。


Gallery